台北駅から地下鉄でホテルまでは地下鉄路線図だけを見ると、とてもややこしそうな気がしたけど、実際は表示がとてもシンプルでわかりやすい。
中山駅まで地下街を通って歩く。
途中、たくさんの若手現代美術家の作品がある。テーマは様々だけど皆、何だか人懐っこい。説明には暗いことが書いてあっても何かふんわりとした明るさが見える気がする。

(気がついたこと色々と)

●台湾のエスカレーターは両端にもじゃもじゃとブラシがついている。
何だろう、くすぐったいなぁと考えていたら、子が「このエスカレーター、ブラシがあるから日本のエスカレーターみたいに端っこによりかかれないね」と言う。なるほど、確かに巻き込まれない。

●人が歩く速度が日本より少し遅い気がする。
エスカレーターも絶対右を開けなきゃいけない雰囲気はない。
急いでいる人がいたら皆、自然と身体をどちらかに寄せる。
いちゃいちゃするのに忙しそうなカップルも何故かその時は横並びから縦並びになって、いちゃいちゃしている。

●中国語がおっとりしている。
私がずっと思っていた中国語とはすこぉぉし違う。何というか、おっとりとゆっくりとした中国語のような気がする。

●電車の中で。
ドアの前の空間、日本だとちょうど高い位置にしか吊革がなくて手すりもないところ。この空間に円形状のどデカい手すりが設置してある。
あれなら身長が低い人も自分の身長の低さを意識せず、なおかつ安全に電車に乗れると思う。
椅子は布張りじゃなくてツルツルしたプラスチック製。
電車内では日本と同じように皆スマホの画面に夢中になっている。
気のせいか、日本では余り駅の中では出会えない電動三輪車に乗った高齢者がひとりでグイングインと進んでいる姿をよく見る。

IMG_20160429_152417


●日本語が氾濫している。
日系コンビニだけじゃなく日系のファーストフード店なども街中で見る。看板はそのまんま、日本のものと同じ(モスバーガーだけは日本にある緑の看板ではなく、以前の赤いもの)。
コンビニの商品の半分位は日本のもの。日本だとパッケージを日本仕様にしそうだけど本当にそのまま。逆にキングバーガーの読み方が漢字になっていて驚く。

IMGP9086


●公共交通機関の料金が安い。


ホテルにつくまでは全く問題なくするすると進む。
あまりにもするすると進みすぎて何か忘れていることとか落し物したんじゃなかろうか、、と不安になってしまうくらい。

一休みして「夜市」に行くことにする。
有名な「士林」の夜市に行くには余りにも疲れすぎているので、電車の乗り換えなしで行ける「饒河街夜市」に行くことにした。

大きな通りを駅に向かって真っ直ぐ歩く。

「すき家」「くら寿司」「ファミリーマート」という看板が漢字だらけの看板の間に見える。
同じ間取りの違う人の家にお邪魔しちゃったような変な感じ。
大量の原付バイクがブイブイ言わせて車の間を走って抜けていく。
ひょいと脇道を覗く。くろブチの猫が一匹ノシノシと歩いている。
古びた要塞みたいな建物が見える。

IMGP9093


「ちょっとこっち行ってみようよ」と路地の方へ。
大通りを一本入るとシィーンとしている。
道の両脇に何処から湧き出てきたのか?と思うくらいの原付バイクがズラリと並んでいる。通りのちょっと先に万国旗みたいなものが建物と建物の間をハタハタ、ハタハタとはためいているのが見える。
日本でいうところの商店街みたいなところだった。

IMGP9098


商店街の入り口には大きな蒸篭がモクモクと湯気をたてている小さな店やら、回転焼(本当に見た目ただの回転焼なのである)を焼く屋台がある。
商店街の道のまんまんなかに日除け傘つきの丸いテーブルが道に沿って並んでいる。テーブルには大きな大きなラグビー部の部室にありそうなやかんが置いてある。
色とりどりの果物を売る店、パジャマみたいなものを売る店、子供服ばかり並んだ店、ドライフルーツ屋さん、、3軒に1軒の割合で食べ物屋がある。
食べ物以外の物の値段は日本とほぼ変わらないか、少し高いくらい。
ノースリーブ姿のおじさんが手を振ってくれる。何故だ?
商店街の脇道からは、嗅いだことがない匂いがしている。
うっすら暗くて吸い込まれそうな路地。

IMGP9097

IMGP9095

IMGP9099

IMGP9100


「楽しいねぇ」「楽しいねぇ」とふたりでブラブラと歩いた。

商店街を抜けて大きな通りに戻るとすぐ駅の入り口があり、饒河街夜市行きの地下鉄に乗る。 まだまだ続く


一日一押ししていただけると、怠惰なワタクシの励みになります。
宜しくお願いします♪